がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

遂に発表Galaxy Note 7の全貌を見る、何が変わったNote 7?

発売日が近づきリーク情報が頻繁に流れていたGalaxy Note 7ですが、ついに公式アナウンスが流れました。グローバル版は8月19により市場にお目見えとのことですが、新しくなったNote 7のセールスポイントをチェックしてみましょう。

早速日本語のオフィシャルサイトも登場していますよ~!

スポンサードリンク  

ハンズオン動画

とっても見やすい使用レビューがありました。この動画に沿ってポイントをチェックしてみます。

虹彩認識(iris scanner)

リーク情報でも話題となった虹彩認識(iris scanner)ですが、個人的にはそこまで重宝するのか疑問です。実際、指紋認証も私は使ってないです。便利な反面、他の人が解除できないので、万一携帯の操作を他人に頼む場合などかえって面倒です。

認識させるには目を大きくはっきり見開いてセンサーに認識させます。こんなことをしていると

「あ、こいつ今怪しいファイル開いてるな。」

と回りにバレバレで、ちょっと・・・。

コンタクトや眼鏡をつけていると、認識率が下がるので注意が必要です。うん、これは007のような解除ができるんだぞーと周りに自慢するだけのツールになりそうですね。

デザイン面での変化

S7 Edgeでいいんじゃないの?なんて揶揄されちゃってますが、S7 Edgeのようにデュアルエッジスクリーンに変わりました。

 

そしてNoteシリーズで大きな変化といえば、防塵防水に対応したことです。

保護キャップなしでのこんな荒業にも耐えてくれます。IP68の防水に対応しています。

水滴を感知した場合には充電の際に完全に乾ききっているか確認するよう注意を促してくれます。

S PENの逆差し問題が気になるあなたへ

Note 5で問題となった、S PENの逆挿し問題。逆に挿すと抜けなくなるという恐ろしい問題ですが、何故逆に挿したし!

しかし、マジメに問題にとりくんだSamsungはSpenのデザインを変更し、

逆から挿入しても途中で止まるようになっており、抜けなくなる問題を解決しています。(自分だったらユーザーのせいにして一喝くれてやるけど、Samsung意外とお客様目線で感激です。)

書き心地も進化

そして2048段階から4096段階の筆圧感知と0.7mmというペン先が更に細くなるという進化をとげたS Penでは今まで以上に繊細な表現が可能となっています。

水滴がつくだけで誤作動するような安物スマートフォンを嘲笑うかの如く、なんと雨の中や、水中でさえ文字をかけるのです。

すべての場所を一つに

ノート、メモ、画像、作成したGIFファイルなど、Sペンによる制作物はすべて、Galaxy Notesアプリケーションに保存されるようになりました。

より快適にスピーディーなメモがとれ、編集も今まで以上にスムーズに行えます。

画面上の動画をGIF動画に変換することも可能です。これはブロガーさんたちにはおもしろい機能ですね。

カメラが最高

日本のNoteユーザーからすると大きな進化ですが、実はS7 edgeと同じ・・・。Note5と比べてもそこまで大差ない感じですが、12MPのデュアルピクセルということで、良くはなっているんです!もっと崇め給え!

実際写真を比べてみると

あれ?Note 5の方が良くない?

いやいや、まさかね

く、暗闇なら~!ということで、Note 5が安ければ、Note5を選択肢に選ぶのも充分ありです。

最新のソフトウェア

新しいものがとにかく好き!そんな人にはやっぱりNote 7です。いちはやく最新のOSでドヤ顔ができます。

マッシュルームのドロイド君を見せ付けてやりましょう。

Iris Scanner以外にも指紋認証もあるようです。

ブルーライとカット機能もあります。

Note 5でこれが羨ましかったスクリーンオフメモです。スクリーンがオフ状態でもメモがとれる便利な機能はそのままに。

画面を常に表示という機能で、時計画面を表示しっぱなしということもできるようになりました。ガラケーなら普通に出来ていた機能なので、昔からのユーザーにはありがたいですね。

ありがとう!micro SDスロット復活!

256GBまでサポートした外部ストレージが復活。よかったよかった、一安心です。

色はブラック、シルバー、ゴールド、ブルーとなっています。発売が待ち遠しいですねー。 

Note 5とのスペック比較

 Samsung Galaxy Note5Samsung Galaxy Note7
CPU

Exynos 7420

4x Cortex-A57@ 2.1Ghz

4x Cortex-A53@ 1.5GHz

Mali T770MP8

 

(Samsung 14LPE)

Snapdragon 820 (US)

2x Kryo@ 2.15GHz

2x Kryo@ 1.6GHz

Adreno 530

 

Exynos 8890 (ROW)

4x Exynos M1@ 2.3GHz

4x Cortex A53@ 1.6GHz

Mali T880MP12

(Samsung 14LPP)

RAM 4GB LPDDR4 4GB LPDDR4
ストレージ 32/64/128GB NAND (UFS 2.0) 64GB NAND (UFS 2.0) + microSD
画面 5.7” 1440pSAMOLED 5.7” 1440pSAMOLED Dual Edge

通信種類

2G / 3G / 4G LTE (Category 6/9 LTE)

Region Dependent

2G / 3G / 4G LTE (Category 12/10/9 LTE)

Region Dependent

サイズ・重量 153.2 x 76.1 x 7.6mm  171g 153.5 x 73.9 x 7.9mm  169g
カメラ(後ろ)                          

16MP f/1.9

(Sony IMX240, Samsung S5K2P2)

12MP f/1.7

(Sony IMX260, Samsung S5K2L1)

カメラ(前)

5MP f/1.9

(Samsung S5K4E6)

5MP f/1.7

(Samsung S5K4E6)

バッテリー 3000 mAh (11.55 Whr) 3500 mAh (13.48 Whr)
OS Android 5  (TouchWiz) Android 6 (TouchWiz)

無線

その他

センサー類

2x2 802.11a/b/g/n/ac

BT 4.2

USB-C

GPS/GLONASS/Beidou

NFC, MST

2x2 802.11a/b/g/n/ac

BT 4.2

USB-C

GPS/GLONASS/Beidou

NFC, MST

指紋認証

有り(Synaptics) 有り(Synaptics)
SIMタイプ NanoSIM NanoSIM