読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

定価2711円相当?のイヤホンがSmart 7月号の付録についてる

 旅行や出先でイヤホンがなくて困ったことありませんか?いつもなら持ってるのに今日に限ってないとか、bluetoothの電池切れてるぅぅうとか。そんなことがないようにカバンに常備できるスペースをとらないイヤホンをと思ってELECOMのEHP-IS3510Mシリーズを購入しました。

スポンサードリンク

定価から大幅割引の518円

 安いけど一定の品質を保っているELECOMイヤホンを買いました。518円と格安だったのと、手元で操作ができることに魅力を感じたからです。語学学習などでタッチパネルを押して一時停止や再生は苦痛なので音質はそっちのけと言う感じで選びました。色々レビューに酷評もありましたが518円です。最悪でも非常時のイヤホンになるので迷わず購入。

おっ!久々の大げさ梱包

 すぐに届きましたが、久々にこんな大げさな梱包で「ごめんなさい」と心の中で謝りました。これだけを倉庫から人が運んで黒猫さんがトラックで運んで配達するんですから、注文すればするほど赤字じゃないでしょうか。

 化粧箱から出すと、質素です。これは・・・500円くらいかなぁ。パッケージって大事ですね。

 箱からもわかるように、大体のメディア操作が手元のリモコンでできます。正しくはおそらく発売当時は「できた」。

 今はandroidもiOSも二年前の発売当初とは変わり思い通りに動作しないようです。レビューの酷評はこれが原因かなと思います(そもそもfor iPhoneと書いてますし)。

 android4.4でもSonyのWalkmanアプリならおおよそ思い通りの動作をします。アプリごとの相性もあるようで、全然違う挙動をするアプリもあります。再生と一時停止は大方できるようなので私は満足です。

 音質は思ったとおり悪いです。シャカシャカなります。オジサンの教養のない耳でも分かるんですから、これにもし3000円近く払っていたらちょっと怒ってるでしょうね。でも500円ですから。カバンに投げ入れて非常用として使うには充分です。youtubeで時間を潰したり、英単語のCDに使うぐらいなら問題ないでしょう。音楽を聴くとなると10分ぐらいで限界かな。

 耳に合わないとかはダイソーなどでパッドを変えたり、自分で色々カスタムすれば良いので問題ではありません。

あれ?付録になってる?

 ふとコンビニでお尻雑誌に目をやると、似たようなイヤホンが付録になっているではありませんか。

 ボリュームスライドやファンクションボタンが一緒です。電極がこっちの方がだいぶ安そうですが。その分カラーや、ブランドで付録を目にした若者を捕まえるといったプランでしょうか。

 コードもELECOMはフラットケーブルで絡みにくい構造ですが、これはスタンダードなタイプですね。ソフトもこちらの付録の方が新しいはずなので、期待通りの動きをしてくれるかもしれません(未検証)。

 ヘッドポーター、ビームス調のオレンジがこれまたお小遣いの少ない中高生を誘惑しそうです。

 しかし、オジサンはこのカナル型がどうしても苦手です。耳に挿すと、コードが擦れる音や、歩くと足音が耳に響いてきてなんのためのノイズキャンセルなのかよくわからないからです。あるときからMDの付属イヤホンも全部カナル型になってすごくがっかりしたのを覚えています(20年ぐらい前のことなのに・・・)。

 カナル型が好きで、私のように音にこだわらず、非常用のイヤホンがほしいという人はコンビニで手軽に買えるし、リーズナブルで中々良い買い物だと思います。ELECOMはファッション情報ついてませんし、うまくいけば雑誌の懸賞なんかでわらしべ長者も狙えますよ。