がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

サッカー日本代表ブラジルに完敗

シンガポールで行われたサッカー日本代表対ブラジル代表の試合ですが、結果は散々でしたね。

相変わらずの塩試合

スポンサードリンク

 日本でもなく、ブラジルでもなく、シンガポールで行われた試合ですが満員のスタジアムでした。

 今回はいつもの「絶対に負けられない戦い」ではなく、負けても良い試合にもかかわらず、相変わらずの塩試合。負けても良いというか、誰もが日本が負けると思っている中での試合で、むしろ「絶対に勝てない試合」と言っても過言ではない試合なのに、このしょっぱい試合はなんでしょう。

 今回は特にエンターテイメントの色が強い試合なので、強化試合とはいっても遠くシンガポールまで来たサポーターや、サッカーにあまり興味を持っていないシンガポールの人々にもサッカーのおもしろさを伝えるべき試合だったはずです。

 それをいつものようにバックパス、ゴール前へセンタリング、成功するならお客も湧いたでしょうが、格上相手のマルセイユターン、みえみえのフェイント、威力もない枠にもいかないロングシュート・・・これはナイストライとは言えないでしょう。

ネイマールに救われた

 今回はネイマールが随所に見せ場を作ってくれてスタジアムを沸かせることができたので、なんとか見世物として成り立ったかなという印象です。ドゥンガ監督も「ブラジルは常に最良のショーを披露しようとしている」と述べたように、試合の勝敗プラス、プロとして観衆を楽しませることも常に意識しています。ネイマール一人のショーに見せたのもブラジルイレブン全員のそのような意識と実力があってこそです。

 このようなプロ意識は試合後のインタビューや日頃の態度でもわかります。オシム監督、ジーコ監督、ドゥンガ監督が口を揃えていうのは日本には代表としての意識がないということ。戦後教育がもたらした結果かもしれませんが、誰がスポンサーでどこからお金が集まって、誰にアピールするのかなどは、プロなら当然のごとくわかって正しく実行できるはずです。

態度のでかさは超一流!

 自分のことだけ・・・ですよね。日本代表として、全国のサッカー少年少女、夢破れたおじさんたち、日本人として代表を熱心に応援するおばあさん、特にサッカーが好きではないが血税を遠征費や選手強化にあてられているサラリーマン。本当に色々な人に支えられているはずです。インタビューのふてぶてしさだけなら誰もがトップスター以上です。メッシも、ネイマールもアルゼンチンやブラジルの国民への感謝、国の威信をかけて勝負に臨むという気持ちがみてとれますが、日本代表はどうでしょう。技術がない上に精神面まで三流ではどうしようもないですね。

 おまけに、最初にネイマールが得点して大騒ぎして喜ぶ日本サポーターが映っていましたが、ブラジル人サポーターは本田がゴールした場合どのような態度をとるでしょうか。ワールドカップで負けた日本を「どんまい、よく頑張った」と労う報道ばかりで気持ち悪かったのですが、こういう気持ちがサポーターにまで伝染してしまって、今後の日本代表がますます心配です。