読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

オスプレイ役立たず♪

時事 生活

写真:Ospreys useless, 4 more planes due to arrive from US | Top Storiesより

 B級映画のタイトルではありません。琉球新報の社会面からのタイトルです。ゴールデンウィークも終わり、内地の皆様にはたくさんお金を落としてもらいましたので、政府批判にも拍車がかかります。

都合の良いところだけを伝える

オスプレイ「役立たず」 ネパール支援で地元紙 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

 ネパールの地元紙がオスプレイを役立たずだと批判しているという琉球新報の社会面。続けて

救援活動や救助活動に効果を発揮していない。オスプレイは海洋における戦争で広く活用されている

 と書かれています。なるほどなと。きっと沖縄のおじいおばあ達は「オスプレイなんか役に立たんし、なんでこんな怖い戦争の道具が沖縄にあるのかね~。」なんて思ったことでしょう。間違っても「ネパールの地元紙が本当にそんなこというかね?」と思うひねくれものはいないでしょう。更にそこから「ソース出せ。」とか「原文読みたい。」なんて変人はいないはず。まぁ、都合の良いところだけ伝えるのは家電メーカーも自動車メーカーも政治家も一緒で、夫婦喧嘩で友達に話をするときもそうなります。そこを責めるつもりはないですし、むしろこれを「あーそうなんだ。」と読む読者に警鐘を鳴らしたいです。

ということで原文を読んでみた

www.ekantipur.com

 あー、確かにuselessと書いてあります。で、副題に『China’s MI-17 haven't arrived yet』なんてのもありますね。中国のミル17はまだ到着すらしてないと。さすがにこれは琉球新報なので中国の悪口は書けません。こういうことで力関係やスポンサーがわかるのでおもしろいです。

Photo:Mi-17 By:pawel_mackiewicz
Photo:Mi-17 By pawel_mackiewicz

 戦争で広く使われているという言葉がきっとほしかったんでしょうが、Mi17こそ戦争で広く使われている大ベストセラー作です。何カ国もの軍に採用され民間でも使われます。こんな素敵な期待を持って来てくれる中国には何も意見はないようです。

Mi-17 (航空機) - Wikipedia

 オスプレイ以外にも『C-17』『C-130』という名前が原文にはあります。C-17が現地で活躍していることは全くスルーのようです。

Photo:C-17 Globemaster By:Steve Crane
Photo:C-17 Globemaster By Steve Crane

 C-17はイラク戦争でも大活躍の現役バリバリの軍用大型長距離輸送機ですが、これは役に立ってるから軍用機でも無視ってことですかね?全長だってV22オスプレイよりもはるかに大きな53mですよ。もちろんオスプレイ同様C-17グローブマスターも沖縄に飛来しています。

C-17 (航空機) - Wikipedia

Photo:C-130 training mission By:Official U.S. Air Force
Photo:C-130 training mission By Official U.S. Air Force

 C-130は自衛隊でも採用されており、世界70カ国以上の国で使われている輸送機です。原発事故にしても、土砂災害にしても何かあれば活躍するのはこういった実戦配備された軍用機や訓練された軍人たちです。

 地震発生から間髪いれずこれらの輸送機を使うことにGoサインを出した各国のリーダーや国境を越えて人々を助けようと集った精鋭たちを頭ごなしに『役立たずだ』『人殺しの道具』だといった論調で批判するのは何とも情けない。

 距離的に言えばすぐに着いているはずの中国にも先んじて着いた各国の部隊にエールを送ってもいいぐらいの話です。しかもオスプレイは先に300キロの救援物資を運んでいます。陸路を立たれた被災者に立派に救援物資を誰よりも早く届けているのに、この言われよう。

 飛んだ屋根というのも、こんなトタン屋根です。これは・・・。災難だと思いますが、うーん。藁葺き屋根じゃないだけマシですが、これだけインフラが行き届いていないこと、被災時の対応ができていないことにも言及すべきではないでしょうか。といって、屋根を飛ばして良いという擁護はしませんが。でも、琉球新報のいうネパールの地元紙もちゃんと下記のように書いています。

The MI-17 of Nepal Army is under maintenance while two ALH are also under routine scrutiny for having completed 100 hours of flight, informed Nepal Army Air Service Directorate.

 ネパール軍のミル17はメンテ中で、2機のALHについても100時間のフライトを終えて精密調査中とのことです。各国が続々C-130を送っている中で使えないなーとは直接書いてませんが、ちょっとした皮肉に感じます。

 オスプレイが300キロの救援物資を運んでいる間に琉球新報はネパールのために何をすることができたのか逆に問いたい。さぞかしusefulな報道をしたんでしょうね。

今日もネタが届きました

ryukyushimpo.jp

 もうお腹いっぱいだったんですが、佐野元春さんもこんなこといってるぞーと調子にのって琉球新報がまた記事を書いています。facebookからネタを書くって個人ブログ並のクオリティーです。

 で、また都合のいいとこばっか書くんですよ。

4月22日に新曲「境界線」をリリースした佐野さん。フェイスブックでは、辺野古の様子を新曲のテーマに引き付け、「米軍基地問題で、また、この地が引き裂かれている」と辺野古の現状を自身の言葉で表現した。その上で「リーダーが息をするたびに目を凝らす。どんなリーダーも信じない」と締めくくった。佐野さんの投稿に8日午後9時40分時点で4929人が「いいね」を押し、シェア件数は470件に上った。

 ご丁寧に新曲の紹介をしている時点で察してあげるべきなんでしょうが、そのあとのあたかも4929人というものすごい数の人間がすべて佐野さんに賛同しているかのような書き方。今は6000人を越えてシェアも700人を超えています。

 

境界線佐野元春2015年5月。国道329号線を走る。北東沖縄の東側、辺野古に向かう。運転しながら思う。現在を軽視してはいけないし、誇張してもいけない。米軍基地問題で、また、この地が引き裂かれている。本来絆で結ばれて...

Posted by 佐野元春(Official) on Thursday, May 7, 2015

 今ではオール沖縄だとか使っているやり方です。少し前も県民集会で10万人以上集まったといったり、数で人を騙そうとするやり方。

・沖縄県民大会11.6万人参加は捏造か ~11.6万人参加の妥当性を検証する~|アジアの真実

 オール沖縄と言っていますが、半数近く反対した選挙ですからね。同じように佐野さんの投稿も冷静に中身をみてほしい。

 よーく投稿を見ると「ジュゴンを守って」「沖縄の海を大切に」「ロック最高」とか行ってるのは大抵本土の人間なんです。

 新垣だとか、照屋だとか宜野湾だとか名前で大体沖縄の人間だとわかる投稿には

 

『右も左もイデオロギーも関係なく出来るだけ多く、両方の意見を聞いた上でしか本質は見抜けない筈です。もう少し、いやもっと見聞きして頂けませんか!』

 

『政治家に振り回され、地元メディアに誘導され、左翼どもがオール沖縄とほざいているのが現状 佐野さん沖縄のことを思うなら、真実を知ってください、勉強してください。』

 

『辺野古の海にジュゴンはいません。 地元の辺野古住民は基地移設賛成で、 県外から金で雇われて来た反対派の活動に迷惑しています。 沖縄県知事が大好きな中国がある限り、基地は必要です。』

 

『辺野古ゲート前ではなく辺野古区民と話ししたら辺野古で起きている正しい情報が分かると思いますよ』

 

『佐野さん辺野古反対してるのは沖縄左翼、ヘイワ団体(代表は逮捕暦ありの注意人物)、共産党、本土中国韓国からのプロ市民(活動家)です辺野古区民は移設賛成してますよ。。。ちなみ那覇空港も埋め立てしてますここで反対してる団体は居ません。。同じ海なのに何が違うのか?』

 

 これらの投稿をみて「なんだみんなわかってるじゃん『誰が絆 壊しているか』」と安心しました。騙されるだけのウチナーンチュだけじゃない現状を知れてちょっと琉球新報に感謝してます(相変わらず鵜呑みの人もいるけど)。

 しかし、よく考えるとこんなぶっとんだ新聞は東スポよりもおもしろい読み物かもしれない。

 海保っていっても、これは地元のうちなーんちゅで取り押さえられてる方がプロ市民の本土の人間という中々楽しい間違え探しもできます。

gadgety.hatenablog.com

gadgety.hatenablog.com