がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

「がじゃぶ」は「GAJEBU JAPAN(がじぇぱん)」に移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

OneMix 2はやっぱり3モデルでるみたいだけど、CPUより気にしたほうがいいところがあるって話

ついに先行予約が始まったgeekbuyingのOneMix2はGPD Pocket 2と同じCPUであるCore m3-7Y30を採用したということで、ちょっぴりがっかりしたところではありますが、一応事前に流出していたスペック表にあったとおりのものが出てきたというところで、あまりガセネタでもなかったので、色々探し回った甲斐があったというものです。

実際にCEATECでレポートにいっているPC Watchさんの記事には『部品調達の問題で、Core i5-7Y54が代わりに利用されていた。』とありますが、それだと「商品化はないの?」ってなっちゃいますよね。

オジサン的にも夢をみさせてほしいということで、本命はm3-8100Yですけど、core i5は是非とも商品化してほしいと願っています。で、色々探しみてやっぱり商品化の構想がどうもあるようだとわかりました。

スポンサードリンク  

OneMixはユーザーの声を聞いてくれる!

OneMixは360度のYOGAヒンジや、筆圧検知、バックライトなどユーザーの意見を開発段階からかなり取り入れてそれを実現させています。

「今回はお客様の声をとりいれました。」とか「女性やお年寄りにも使いやすいように設計してます。」とかいいつつ、全然ユーザーの意見を聞いてくれないメーカーさんたちとは違うのです。

こちらもfacebookを使って、世界中からテスターを募集しています。youtubeやfacebookは中国の一般回線だと普通グレートファイアウォールにひっかかって開けないので、これだけでもVPN通して宣伝したりとか、そこそこリスクを負う行為です。

しかも一通り目を通してみたところ、質問をくれた全員に返事をしています。返事も早いです。

しかもほぼリアルタイムに進捗を報告してくれています。おかげでCEATECのことも知ることができました。

「release i5-7y54/M3-8100Y」の文字が!

綿密にやりとりを交わすおかげで、かなり細かい点までユーザーは情報を掴んでいるようです。

あるユーザーが公表したこちらの表には

「beta i5-7Y534/M3-8100Y」とあります。これはCEATECの展示品や、前回の記事で確認できた刻印と一致します。

さらにみると、「release beta i5-7Y43/M3-7Y30/M3-8100Y」とあります。

CPU:M3-7Y30、RAM:8GB、SSD 256GBはgeekbuyingでリリースされたものなので一致しますね。

公式からもすでに案内が出ている?

おそらく、中国の巨大企業テンセントが開発するQQでの会話の一部だと思われますが、「今回は3つのモデルを用意しており、7Y30版、7Y54版、8100Y版です。」といった内容になっています。

すでに出ていたリーク情報と合致しますが、今回geekbuyingで先にm3-7Y30が出た理由については不明です。

GPD Winのときにはatom Z8750を予定していたものが排熱処理や部品調達の問題が解決できずZ8700に変更となり発売となりましたが、数カ月後にZ8750となって再発売が決まったこともありました。

GDP WIN Z8750版になってカムバックセール!

CPUより排熱処理と電圧コントロールが肝心

UMPCを筆頭にLINUXのインストール方法や初期設定からバックアップまで優しく解説してくれるお馴染みThe Phawx氏に言わせると、OneMix2で噂されている3モデルは「チップ的にどれも似たようなものだから、そこまで気にしなくていい。」とのこと。「8100Yは7Y30をブーストさせたようなもんだし、そんなことより、電圧を7.6Vでちゃんとコントロールできているのか心配、3.7Vとかないよね?排熱問題は解決してるのかな?」と不安な様子。

また、そのあたりのお話は別記事でお伝えできればと思いますm(_ _)m

GPD Pocketでもロットの違いはあった

GPD Winではまず技適認証の刻印が間に合わずあとからシールを貼り付けて発送したり、上記で述べたように途中でCPUが変わったりしています。どのPCも同様だと思いますが、出荷時の検査時期や、ロット番号でBIOSに違いがあったり、個体により不具合があったりなかったりと、初期出荷は何かとリスクはつきものです。iPhoneでさえ、特に初期出荷は色々問題が出てますよね。

 

GPD PocketもOneMixも生産が間に合わないくらい売れたので、一回売り切れると入荷待ち状態が長く続きます。初代OneMixも出始めのときが450ドルでしたけど、4ヶ月ほど過ぎた今も410ドルぐらいが最安値です。そこまで大幅下落はないぐらい、元々値引きしているので、価格的にはあまり損はしないと思ってます。それより為替的な価格差のほうが大きいかも。すでに先行予約を始めたgeekbuyingのお得なクーポンやスペック詳細は別記事でご確認下さい。

【速報】OneMix2の先行予約が早くもgeekbuyingで開始!お得なクーポン・スペックおさらい等