がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

【速報】マイクロソフト最強の隠し球Surface Bookは更に隠しギミックが!

 Dell XPS 13の価格が高すぎるのと、「RAMはもういいからNVIDIA GeForceでも積んでくれないかなぁ」とぼやいていたら何と、MicrosoftがSurface Pro 4の後に隠していた「Surface Book」で実現させてくれました!嬉しい!更に更に、このSurface Book単なるノートブックかと思わせといて『キーボードと分離可能』というとんでもない仕様でした。

スポンサードリンク

Surface Bookのカンファレンスで紹介されたスペック

・13.5インチのディスプレイ(267ppi)

・Intelの第6世代(Skylake)Coreプロセッサ搭載 Corei7

・NVIDIA GeForce GPU搭載キーボード

・GDDR5メモリ

・12時間のバッテリー駆動

・MacBook Proより2倍パワフル

・5点マルチタッチ対応ガラストラックパッド

・バックライト搭載キーボード

・マグネシウム製の筐体

・USB3.0×2とSDカードスロット

・ダイナミックフルクラムヒンジを採用

・ディスプレイとキーボードは分離し2 in 1として使用できる

・本体サイズ312.3×232.1×13~22.8mm(幅×奥行き×高さ)

・タブレット時は312.3×220.2×7.7mm
・重さ726g(タブレット本体)、GPUなし1515g、GPUなし1579g

発表の様子

 まず一度簡単にSurface Bookの動画を紹介します。一回目は誰も分離するとは思っていません。MacBook Proのようなもんだろうと想像していました。

 そして二度目の動画を流します。

 今度はもっと近くのよって見てみようってなこというんです。何々?実はYoga Tabletパクリましたとかって言うのかな?

Windows 10 Pro搭載。ふむふむ。homeではないのか、いいじゃないの。

13.5インチで267DPI、ほほー。

うん、NVIDIA GeForceのGPUでGDDR5メモリね、これはすごい!

 USB 3.0 X 2で、フルサイズSDカードスロットがあるんですね。

 5点マルチタッチ対応のガラスラミネートトラックパッドで最高のすべりだと。

 打鍵感もいいのよね、さっきも聞きましたよ。

 バックライトもついていると、いいじゃないですか。

 マグネシウムで頑丈そうですね

 バッテリは充分ですな。12時間?でもパフォーマンス重視なら3時間とかで切れちゃうんでしょ?

 もう、こんな変なヒンジにしちゃってー、本体浮き上がってるじゃん。

 あのヒンジだけはないわ~

 と思ったら、「は、は、はずれたー!!!!」何でさっき言わなかったの?いじわる~!かっこいい!好き!

 ってな具合でこの辺で会場が沸きます。オジサンもひっくり返りました。

 と、ここで紹介動画は終わりです。

会場の様子

 iPad Airと比較するのは無粋だろうと、MacBook Proとの比較では、なんとパワーは2倍も違うとアピール。価格も2倍になりませんように。

 最初はこうやって、分離するなんて全然わかりませんでした。

 画面の大きさや解像度

 そして、GPUやバッテリーのことを自慢して、ずっと分離機構のことは言わないんですから。

 そして、あの動画をみせたあとは、この表情ですよ。くぅ、千両役者。

 配っちゃうの?あげちゃうの?

 見せるだけみたいです。でもこのオジサンたち嬉しそう。子供のようです。

 勝手にみといてちょとプレゼンを続けます。

 え~、そんな乱暴な持ち方して大丈夫かな?と心配になりますが、大丈夫なようです。

 こうしてみると本当に普通のノートパソコンのようですが、本体から外れるんですよねー。

 16GB RAMに1TB SSD、GeForceまで積んだ最強マシーンです。おそろしい。これなら並のデスクトップマシーンでは適いませんね。これで1.5キロですからLIFEBOOKは取り合えず捨てることになりそうです。