がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

「がじゃぶ」は「GAJEBU JAPAN(がじぇぱん)」に移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

13.3インチで199ドル?更にSSD換装も容易!Jumper EZBOOK 3 PRO Notebookが仕事も遊びもこなせる一台

Jumper EZBOOK 3 PRO Notebookは13.3インチの大画面ながら、なんと今回のGEARBESTの還元セール199.99ドルにまで値下がり(記事末にクーポンあり)しています。コンセプトや仕様を見るとChuwi Lapbook SE Laptopにもろかぶりですが、メモリが6GBな点と価格面でEZBOOK 3 PROが一歩リードといったところです。

さらに、EZBOOK 3 PROはChuwi Lapbook SEと同じく、OSの入っているeMMCとは別に、SSDを追加できるスロットがあるため、仕事で使用する際も爆速のSSDへと換装し、快適なWindows機としてカスタマイズできる中華ならではのWindows機に仕上がっています。

世界中で結構売れているので、たくさんのレビューを簡単に探すことも可能です。実際のウェブ読み取り速度やバッテリーの持ちなどもわかるので、安心して購入できるところも魅力ですヽ(=´▽`=)ノ

関連:GEARBEST還元セール

スポンサードリンク  

Jumper EZBOOK 3 PRO Notebookの特徴

外観はMacBook Airを意識したと思われ、非常にシンプルなスタイルでChuwiよりもかなり控えめなブランドの刻印があるぐらいです。

主要スペック

・13.3インチのフルHDディスプレイ

・Apollp Lake (Celeron N3450)

・Windows 10

・Wi-Fiデュアルバンド対応

・2.0メガピクセルフロントカメラ

6GBメモリ

一般的な事務作業には十分なスペックです。Wi-Fiに802.11b/g/n/acで「ac」に対応していないバージョンがありますが、GearBestの製品は「ac対応バージョン」のようです。

省エネ使用でロングバッテリー

省エネ使用のCPU採用で、長時間駆動が可能になっています(実際のベンチマーク動画もあるので、実働時間を知ることは可能です。)。

64GB eMMC + SSD空きスロット

SSDを追加しなくても、64GBの容量があれば十分という人もいるでしょう。SSDを追加しない場合、コスパはめちゃくちゃ高いですが、SSDを追加で購入して、OSをSSDに入れ替えたほうがより幸せになれます。

デュアルバンドWi-Fi対応

5GHz帯もサポートしているため、混線を防ぐことも可能です。

ディスプレイ比は16:9なので、4:3とか3:2じゃないとダメっていう方は気をつけて下さい。

Windows 10なので、簡単に日本語化も可能です。

重さ・サイズ

13.3インチという大型ディスプレイにしては軽めの1.3930 kgにおさえています。

サイズは31.50 x 20.85 x 1.50 cmです。mini HDMIやmicrSDカードスロット、USBポート x 2と十分な拡張性も確保できています。

サクサクってどれぐらいサクサクなの?

from:Jumper EZBook 3 Pro Review - One Of The Best Apollo Lake Laptops

TECHTabletsさんの動画がかなり詳しくレビューしてくれています。簡単にまとめるとこんな感じです。

・ウェブ閲覧・・・◎

・バッテリー・・・◎

・画像処理(PhotoShop)・・・○(ファイルが重すぎなければ)

・ゲーム・・・△

・動画編集・・・X(できなくはないが、core i5以上をすすめる)

ベンチマーク

image:Jumper EZBook 3 Pro Review - One Of The Best Apollo Lake Laptops

GeekbenchやeMMCの読み取り速度など、上記動画で解説してくれていますので、詳細は動画でチェックしてみてください。

image:Jumper EZBook 3 Pro Review - One Of The Best Apollo Lake Laptops

eMMCはSSDに比べて速度がかなり落ちるので、数秒の起動時間の差にすぐにイラッとくるような方はOSをSSDに入れ替えて方がよさそうです。

image:Jumper EZBook 3 Pro Review - One Of The Best Apollo Lake Laptops

PhotoShopもめちゃくちゃ大きいファイルでなければ、普段のブログ編集に支障はないし、ウェブもWordPressなどの作業で困ることは特にないという評価でした。

image:Jumper EZBook 3 Pro Review - One Of The Best Apollo Lake Laptops

ゲームはどこまで求めるかによるけど、解像度を下げればフレームレートも上がってより快適に遊べるし、ほぼ問題なく動作しています。

image:Jumper EZBook 3 Pro Review - One Of The Best Apollo Lake Laptops

バッテリーも動画再生10時間など、実際の計測結果を載せてくれているのでめちゃくちゃ助かります。

eMMC→SSDにOSを移す方法

from:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

実機動作に続いてTECHTabletsさんが、eMMCからSSDへのOS変更方法を解説してくれています。手順的には下記の手順です。

・SSDを空きスロットへ装着。

・ソフトウェアを使ってeMMCのクローンをSSDへ書き込み

・BIOSからBootメニューを変更、SSDを優先起動

SSDの換装方法

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

空きスロットなので厳密には換装とは違うと思いますが、裏蓋のSSD空きスロットのネジを2つ外すだけでSSDの換装は簡単に終わります。

M.2 Type2242サイズのSSDを挿せば良いみたいですが、コストを下げる方法として

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

2242サイズでない、長めのSSDを使えばコストも抑えられるし、速度も比較的速いはずというアドバイスまでくれる親切さ。ただ、長いSSDを購入した場合は、スロットのプラスチック部分をカッターで切るなど加工が必要です。

eMMCのクローンをSSDに作成

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

Macrium Reflect 7というソフトウェアを使っていますが、無料のクローン作成ソフトはいくつかあるので、好きなものを使えば良いと思います。

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

クローン元のドライブと、作成したクローンを焼くドライブを選びます。あとはNextを選べば勝手にソフトが作業を完了してくれます。

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

クローンの作成が完了したら、BIOSに入って、起動ドライブの優先順位をeMMCからSSDへ変更しておしまいです。

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

書き込み速度も500MB/秒を超えるスピードになり、納得の結果です。すごい!これで、かなり快適度はあがりますねヽ(=´▽`=)ノ

熱対策もいかが?

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

動画には熱対策用の工夫も紹介されています。裏蓋をあけて、バッテリー電源ケーブルを外します。

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

15mm x 15mm厚さ1mmの銅板を使ってクーラー代わりに使うようです。

image:Jumper EZBook 3 Pro Heatsink Mod, eMMC to SSD Cloning & More

グリスをぬりぬり。興味がある人は動画で結果など詳細を確認してみてください。

お得なクーポンについて

アマゾンでも出品していますが。GEARBESTだと1万円以上お得です。さらにHDMIケーブルもおまけでつけてくれるそうなので、テレビとつなげてスマートTV的な用途にもすぐに利用できそうです。

あ、クーポンには台数と試用期間があるのでお早めにm(_ _)m

クーポンコード :BeatBG02

特価 :$199.99( 300台限定)、試用期間は10月31日までです。