がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

Apple Watchが今熱い!!

 4月24日の発売日から数日が過ぎ、一般の使用者からも使用レビューが続々と上がるようになってきました。

熱くて手に巻けない?

スポンサードリンク

news.livedoor.com

 いやいや、そんなことはない・・・。iPad用の急速充電池とか使ってませんか?USBだからなんでも挿さると思って急速充電池に挿して使っちゃあだめですよ。バッテリーを痛めますからね。優しい電流でゆっくり気長に充電しましょう。

 といったわけで、タイトルに「今熱い!」と入れたかったが為の記事でした。

実際Apple Watchってどうよ?

 予想通りで大変残念なんですが、電池が持たなすぎです。他のどのスマートウォッチにもいえる事ですが、その中でも群を抜いて電池がもたない。だめです。

 これまた他のスマートウォッチにも共通する問題点ですが、「時計としてダメ」です。iPhoneをポケットやカバンから取り出さずにさっと操作できるというのが売りだと思うんですが、それ以前に時計すらパッと確認することができないません

 SonyのSmartWatchや他のAndroid wearの時計と同じです。ほっとくと画面が暗くなって、ただのアクセサリー化してしまいます。メールが読める、音楽が聴ける、スマホと連携できる、でも時計機能が100年前の時計以下です。それはちょっと・・・。

 しかも、先行しているSony、Samsung、LG、Motorolaから遅れること数年。それでこの完成度はAppleらしくありません。Appleらしいのは丸みを帯びたフォルムと人々を沸かせるようなコマーシャルの方法ぐらいでしょう。

 使用から3時間程度でバッテリーは半分、これを「時計」として持ち歩くことはできません。毎日毎日充電。バッテリー自体は2年間使い続けるらしいですが、連続使用時間が18時間には遠く及びません。省電力モードなら72時間持つとかそういうバカにしたような言い訳も嫌気がさします。72時間画面を暗くして時計も見ずに待機させて何の意味があるんでしょう。

シンプルさことアップルの真髄なのに

 見た目と同じく、シンプルな操作こそApple社の真髄だと思っています。しかし、Apple Watchはそうはなっていません。デジタルクラウンをくるくるまわして、指で難度もフリックしてやっと目的の機能に辿り着きます。時計でそういうことができることを評価すべきかもしれませんが、肝心な時計としての機能を捨てているだけに、他の操作性にはうるさく言わせてもらいたいです。

でもアクセサリーはやっぱり豊富

 発売から数日しか経っていないというのに、もう様々な関連商品が出ています。たくさんのユーザーがいるというのは大変なアドバンテージです。Thingiverse - Digital Designs for Physical Objects でも多くの人々が自作充電スタンドを公開中です。データをダウンロードして自分で3Dプリンターから出力して使用することも可能です。

 面倒ならamazonからでもすでに買えます。

 発売から何年も経っているSonyのSmartWatchなんてな~んにもないですよ。アプリは少し増えたかなと思いますが、すぐにApple Watchに抜かれるでしょうね。Sonyのスマートウォッチも充電が本当に苦でずっと放置していますが、Apple Watchのような充電スタンドがあればだいぶ楽になると思います。種類も豊富なので、自分好みのものを選べるし、アップルが強調していない部分のサードパーティの魅力というところで、他のスマートウォッチよりも便利な面がありますね。

 電池にしても、バッテリー容量をカバーできるバンドもすでに発売されていますし、これからキラーアプリの登場等で一人がち状態も大いにありえます。

Apple Watchを腕に付けたまま充電できる「wiPowerBand」、89ドルから - ITmedia Mobile

 Apple Watchに関するレビューはたくさんありますが、米CNETさんによるレビューが詳しいので、ここにある全5回に渡るレビューを見ればこれから購入される方も問題点など十分把握できてお勧めです。

japan.cnet.com

 これからのスマートウォッチの発展としてはCASIOのようなBluetooth機能付き時計のような形で進んでいってほしいです。電池寿命が2年間ってすごくないですか?24時間持つかどうかで騒いでいる時に、2年間ですよ?頑張れカシオ!今カシオが熱い!

g-shock.jp