がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

「がじゃぶ」は「GAJEBU JAPAN(がじぇぱん)」に移転しました。

約3秒後に自動的にリダイレクトします。

沖縄の安室ちゃんリスペクトがすごかった!

安室奈美恵さんの引退に向けて、沖縄の盛り上がり方がかなりすごかったので、備忘録として当時の様子を残しておきます。

スポンサードリンク  

神戸から沖縄へ向かう機内には、すでに「アムラー」と呼ばれるようなファンたちがちらほらと見られました。

オッサンは悠々とGPD Pocketで動画鑑賞をしていて、安室ちゃんの引退ということは特に何も感じてはいなかったのですが

久しぶりに到着した沖縄では、県庁に横断幕がかかっていたり、琉球新報の新しいビルには大きなパネルが設置されたり、いたるところに安室ちゃんが顔を出していました。

バスが通れば、ファンたちがそのバスを追いかけて写真を撮りまくり

何かわからないうちに、自分もいつの間にか安室ちゃん関連の写真を撮りまくっていました(笑)

安室ちゃんの引退ラストステージの当日になると、ファンが一気にライブ会場に押し寄せていました。

これまで、安室ちゃんのライブやコンサートに一切興味がなかったオッサンですが、何だかすごいビッグイベントでとんでもないことが起こっている感がずっとあったので、思うままにライブ会場に足が向いていました(もちろんチケットはなし(TдT))。

気がついたらガチファンと一緒に野外ステージまで声が漏れてくることを祈りつつじっとライブの音に耳を立てている自分がいました。残念ながら、声は聞こえてきませんでしたが、なんとも言えない高揚感に自分としてはとても満足です。

ラストステージの翌日には琉球新報も沖縄タイムスも特別ページを儲けて安室ちゃんのこれまでの業績を讃える紙面で県民に安室ちゃんのニュースを伝えていました。

連日の特集で、ライブの様子も大きな写真で伝えられていて、県民全員で安室ちゃんを応援しているような一体感を味わいました。

何気なく立ち寄った沖縄でしたが、ラストステージに、メモリアル花火に滞在期間中はいつの間にか安室ちゃんのことばかり追いかけて満足してしまうという沖縄滞在になりました。

県民栄誉賞は伊達じゃないです。実力と人気を兼ね備えたとはよく耳にしますが、その言葉がぴったりの大スターだと改めて感じます。できればもっと第一線で活躍してほしいと願いましたが、新たなステージでも素晴らしい活躍を見せてくれると期待して、歌手としての安室奈美恵さんにありがとうと伝えたいです。