がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

SmartWatch 3が11月下旬いよいよ発売

いよいよSmartWatch 3が11月下旬に発売されるようです。市場推定価格¥25,000前後とのことです。

スポンサードリンク

Sony Mobile SmartWatch 3が米国のGoogle Playストアに登場(日本では未公開)、価格は$249 | ガジェット通信
 ガジェット通信さんに米国のgoogle playストアに登場日本では未公開とありましたが、ソニーモバイルコミュニケーションズのウェブサイトでも値段や発売時期について確認ができました。

SmartWatch3 SWR50 | ソニーモバイルコミュニケーションズ
 11月下旬発売予定で、市場推定価格¥25,000。なんだか、スマートウォッチもどんどん値上がりしてきましたね。初代SmartWatchは6000円程で購入した覚えがありますが、本当に高くなったものです。初めてのリリースで開発費やこだわりのデザインをもつモトローラのMoto 360と同価格なのは如何なものでしょう。SmartWatch 2でもキャンペーン価格で12000円程で買いましたし。

 AsusのZenWatchも199ユーロで27000円、レートがよければ25000円まで行くでしょうか。ここまでいくと、小型のスマホの方がリーズナブルで使い勝手がいい気がしないでもありません。

仕様とスペックは下記の通りです。

本体仕様

動作環境 Android™4.3以上のスマートフォン 
サイズ(コア) (横)約36mm×(縦)約51mm×(厚さ)約10mm
重量 コア 約38g
   リストバンド ブラック:約38g
ライム:約36g
ディスプレイ タイプ 半透過型液晶ディスプレイ
       サイズ 約1.6インチ
       解像度 320×320ピクセル
センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、GPS、光センサー
防水/防塵 防水(IPX8)/防塵(IP6X)
Bluetooth®標準規格 Ver.4.0
Bluetooth®プロファイル A2DP、AVRCP
充電端子 micro USB端子
内蔵電池 リチウムポリマー電池
バッテリー使用可能時間 約2日(通常使用時)
充電端子 microUSB端子
メモリ(※) 512 MB RAM, 4GB eMMC
CPU 1,2 GHz, Quad-core

付属品

リストバンド 1
microUSBケーブル 1
取扱説明書 1
保証書 1

 付属品にUSBケーブルとしかかかれていないあたり、ワイヤレス給電にはどうやっても対応しないのかもしれません。これだとますますMoto 360の方がほしくなってしまいます。心拍数センサーも記述がありませんね。

 それより何より、なぜこの時計表示にこだわるのかわかりませんが、すごく見にくいです。SmartWatch 2の時はアプリで色々変更ができましたが、それもスマートフォン側のアプリ制御で行っているので、スマートフォンとの同期が切れれば上写真のような時計表示に戻ってしまう仕様でした。今回はかっこいい秒針などのついた時計画面がデフォルトで入っているのでしょうか。

 スマートフォンや、このSonyのSmartWatchに原点回帰してほしいのですが、電話として、そして時計としての本来の機能使い心地をしっかりと固めた後に余計なランチャーやメール機能、フィットネス機能等を付加してください。秒針なし、西暦なし、曜日なし、月日なし、まともなストップウォッチなし、半日で電池が切れる。こんなものはスマートでもなんでもないどころか、ウォッチと呼べるかもわからない製品を2世代続けてリリースしているという事実は非常に多くのユーザーをがっかりさせ、ファンを減らしたことでしょう。

 高いお金を払うんですから、今回は頼みますよsonyさん!