がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

Simフリー化がiPhone不動のものにしたのか。

 人それぞれにiPhoneを選ぶ理由はそれぞれあると思いますが、下記の記事でも色々と考察しておりました。

SIMロックが原因か 世界市場で成功逃した日本の携帯電話=中国メディア 2014/10/05(日) 06:30:31 [サーチナ]

 元々国内市場で甘い蜜を吸いあおうというのが、携帯会社のやり口なので、本気で世界選出を狙っていたのがSony以外でどれくらいいたのかなというのも怪しいと思いますが、simフリーかどうかというのはやはり重要な要素でしょう。

 

 たくさんの転売屋が押し寄せたのもapple storeだけでした。なぜならapple storeで売られているiPhoneはsimフリーで世界中で使え、もちろん中国でも使えるのでたくさんの転売屋のターゲットになったのです。

 iPhone3GS時代などは、香港や台湾、イタリア等限られた国のみsimフリー化されていたので、日本の出張族や、早く実物を日本で使いたい人などがこぞって海外版のiPhoneをプレミア価格で購入していました。

 もう少し遡れば、日本の0円携帯を大量に契約して中国に持ち帰り一生懸命「simフリー化」「中国語化」「日中二か国語化」して販売して設けている携帯ショップもありました。儲かるとあれば、プログラムを解析してsimフリー化やメニュー画面まで多言語対応させてしまうのですから、すごいパワーですよね。

 しかししかし、官僚染みた携帯企業だけではなく日本の消費者にも国際競争力を低下させた原因があるのではないでしょうか。

 iPhoneが出たばかりのころはみんな見向きもせず、日本の携帯にはかわいい絵文字でデコメールができるし、防水やテレビも見れてiPhoneなんて必要ないという方が大半だったと思います(少なくともメディアはそのように誘導していました)。iPhoneってMMSできないんでしょ?なんて言ってる始末・・・。

 しかし、絵文字は今やLINEのスタンプに圧倒され、携帯会社のMMSよりgmailのほうがクラウド化されて高機能。テレビがみれなくてもyoutubeに夢中という具合に、すっかりiPhoneをはじめとするスマホの虜。

 しっかりその商品の機能を知った上でどちらが優れているか、日々の日常で使いたい携帯電話はどのようなものか消費者が答えを明確に出していたらAndroidに代わるOSを日本企業が作り出していたかもしれません。

 

賢い消費者になりませんか


iPhone5に対するユーザーの不満は? 結果はおなじみの項目に - ライブドアニュース

iPhoneに対する不満を聞いたところ、その回答に私はずっこけました。一体iPhoneに何を求めているのか・・・。

バッテリーの持ち、持ちやすさ、重さ等は他のスマホに比べてiPhoneが唯一勝てるところではないかと個人的に感じていますが、どうでしょう。

 私がiPhoneで絶対的に不満なのは「使い方を強要」するところです。ファイルを転送するのに、転送用のソフトが別途いるなんて・・・。転送したら暗号化して何の曲だかわからなくするし、それをハックするサードパーティーとのいたちごっこ。正直うんざりです。

 メーカーは消費者を馬鹿にしているのに、消費者は黙っていいなりになるだけなんてバカバカしいですよ。「そんなんじゃ買わないよ」と強気の姿勢でいきましょうよ。