がじぇぶ GADGETY BLOG

気がづくとデジタル製品に溢れた生活になっていました。日々の徒然なる出来事などだらだらと書いております。@gadgetyjp

アップル9月9日スペシャルイベント後の感想

イデアが尽きたのかな?一言で言えばこのような印象です。AppleがまたSonyを真似する時代に戻った。没落の予感です。

スポンサードリンク

iPhone 6について

 特に新しい技術、驚くべき改良点はありませんでした。

その薄さや概観からはSonyXperiaシリーズやAsusのmemo padともはや変わらないのではないかとさえ思えました。仕様も概観もリーク情報とほぼ変わりなし。もったいぶって行った発表なだけにがっかり感は否めません。

Apple Watchについて

 形も機能も先行しているSony,LG,Asus等と比べて何一つ特筆すべき点がないというのが特徴でしょうか。クラウンと圧力センサーが売りのようですが、『タッチ、タッチ』と既存の技術をさも新技術と宣伝してきた詐欺的な商法を思い出します。要はマウスの「ctrl+中央ホイール」とwacomペンの長押し機能をスマートウォッチで再現したと。

 ジョブズが初代iPhoneを発表したときはBluetooth機能を隠し、ユーザーに関連機器を使わせることすらしませんでした。曰く「タッチで打てるのになぜキーボードがいるんだ?タッチを使いなさい。」と。
 しかし、今はどうでしょう。マウス、キーボード、カバー、ヘッドセット、筆圧ペン、スピーカー、あれもこれもBluetoothです。その他のOS更新毎の追加機能に至っても、jail breakで得られるサードパーティーアプリの二番煎じばかりです。二番煎じにも関わらず、利益を守るためにそのアプリに不便な制限をかけるため、コアなユーザーは自由度を求めて脱獄を繰り返すか、androidへと転向するのです。

 事業をシンプル化することに全力を注いでいたはずなのにiPodiPhoneiPadiPad minimac bookそして画面サイズの細分化、新たにスマートウォッチ、決済事業。どんどん煩雑化しています。

 今回のQiやNFCも何ら新しい技術ではありませんがきっとものすごい技術だとマスコミ各社は全力で伝え、若者は必死で流行に乗るでしょう。しかし、天才的な詐欺師がいなくなったAppleは、いつまでも大衆を騙し続けることができるのでしょうか。